入試情報

平成28年度
中学入試まとめ

各中学校別入試短評

土佐中学校
受験生の平均レベルは非常に高く、県内最難関。今年は各科目とも良問が出題され、総合力が結果に反映された。偏差値50を切る苦手科目を作らないことが肝要。
土佐塾中学校
努力した結果が反映される入試で、難易度も一定のため対策が立てやすい。前期・後期受験の定着につれて、合格者のレベルが上がっている。
学芸中学校
傾向が非常にはっきりしている。偏差値による判断ではなく、漢字表記にも重点を置き、過去問などで確実に対策を講じないと合格は難しい。
土佐女子中学校
日頃から塾での受験勉強をきちんとしてきた生徒ならば上位合格できる。やさしさのある校風と細やかな指導にも定評有り。
高知中学校
受験者数が増加。通塾してきちんと受験勉強をしていれば十分合格できる。部活動と大学進学の両立を目指す生徒も多い。
附属中学校
受験生は減っているものの、公立小からの外部生受験は高倍率。学力に加え、当日の受験態度や面接等を重視した評価点が合否を左右する。適性検査・作文まで含めた対策が必要。
各中学校別入試状況
学校名 募集人員 受験者数 合格者数 実質競争倍率
土佐中学校 250 327 260 1.26
土佐塾中学校 前期 150 151 131 1.15
土佐塾中学校 後期 35 44 37 1.19
学芸中学校 250 316 254 1.24
土佐女子中学校 前期 190 165 161 1.02
土佐女子中学校 後期 30 24 22 1.09
高知中学校 I期 180 143 139 1.03
高知中学校 Ⅱ期 40 14 11 1.27
附属中学校 140 223 140 1.59

平成28年度
高校入試まとめ

公立高校入試短評

昨春より高知県公立高校入試は1回の入試(A日程)で定員の100%を募集する、いわゆる「一発入試」が実施された。A日程では4,194人中3,752人が合格を勝ち取り、442人が涙を飲む結果となった。また、定員内不合格を出した高校が多数あったことも見逃せない。
昨年同様、普通科よりも早く専門知識を身につけて社会にでる実業系の学科の人気が高く、小津・高知西の普通科を選択した生徒が増加した。この結果、旧高知学区において普通科B日程で受験可能な学校は高知南のみとなった。このような傾向は来年以降も続くことが予想される。
少子化で受験生自体の数が減っているとはいえ、甘く考えてはいけない。高校は義務教育ではないので、一定の学力が身についていなけれ合格は難しい。また、今春の入試を総括して、調査書の内容がいかに重要かも再認識せざるを得ない。学力面だけではなく、学校での生活面(遅刻の有無や授業態度、提出物など)も重要視しなければならないということだ。「合否は学力検査の点数と調査書の内容の合計で決まる」という意識を持ち、日頃から真剣に学校生活に取り組んでほしい。

A日程選抜競争率 (県教委発表:抜粋)
学校 学科 競争率
高知追手前 普通 1.01
高知小津 普通 1.12
高知西 普通 1.10
英語 1.18
高知丸の内 普通 1.31
高知商業 総合 1.36
社会マネ 1.24
スポマネ 1.20
高知工業 建築 1.40
機械 1.38
土木 1.18
高知農業 農総 1.25
丸の内 普通 1.31

私立高校・国立高専入試短評

今春は学芸高校ではじめて一般入試(昨年までの推薦入試を廃止)が実施され、土佐高校では5年目の一般入試が実施された。年によって多少の変動はあるが、県内私立高校の合格可能性80%らいは偏差値54あたりが一応の目安になる。人気を盛り返した国立高専でも、偏差値52前後でほぼ小津・西の普通科と同じ合格ラインなので、理系の好きな受験生は併願の学校として十分狙うこともできる。
確かに私立・高専の入試問題は公立に比べ難しいものもあるが、志望校別の傾向に応じた対策を練っておけば十分合格することができる。豊富な経験と情報を持つ土佐塾の受験指導のもと、実力をつけて見事合格を果たしてほしい。

平成29年度
入試日程・概要
(参考)

実際の出願に当たっては、各学校から公開された募集要項を確認して、不備のないようにしてください。

  • 中学入試
  • 私立高校・国立高専推薦入試
  • 私立高校一般入試
  • 公立高校・国立高専入試
学校名
募集定員
出願期間
試験日
試験内容
発表
土佐中学校
男女計 約250名
2/1~2/7
2/18・19
4教科・面接
2/20 午後4時
土佐塾中学校(前期)
男女計 約150名
1/30~2/16
2/18・19
4教科・面接
2/20 午後1時
土佐塾中学校(後期)
男女計 約35名
2/20~2/24
2/25
国算・面接
2/26 正午
学芸中学校
男女計 約250名
1/30~2/10
2/18・19
4教科・面接
2/20 午後4時
土佐女子中学校(前期)
女子 約190名
2/1~2/16
2/18・19
4教科・面接
2/20 午後4時
土佐女子中学校(後期)
女子 約20名
2/21~2/24
2/25
国算・面接
2/26 午後1時半
高知中学校
男女計 約180名
1/23~2/16
2/18・19
4教科・面接
2/20 午後5時
明徳義塾中学校
男女計 60名
1/5~2/16
2/18
国算・面接
2/20 郵送
清和女子中学校(I期)
女子 20名
1/30~2/16
2/18
国算・面接・保護者面接
2/18 郵送
清和女子中学校(II期)
女子 10名
2/20~2/24
2/25
国算・面接・保護者面接
2/25 午後3時手渡
附属中学校
男女計 140名
1/19・20
2/18・19
4教科・面接
2/20 午後4時
県立南中学校
男女各 60名
1/31~2/3
2/18
作文・適性検査・面接
2/23 午後4時
県立安芸中学校
男女各 30名
1/31~2/3
2/18
作文・適性検査・面接
2/23 午後4時
県立中村中学校
男女各 35名
1/31~2/3
2/18
作文・適性検査・面接
2/23 午後4時

学校名
募集定員
出願期間
試験日
試験内容
発表
土佐塾高等学校
推薦一般計 45名
12/12~1/10
1/12
作文・面接
1/13 午後2時
土佐女子高等学校
女子 約20名(専願)
12/20~1/11
1/12
小論文・面接
1/13 郵送
高知高等学校
男女各コース計 約50名
12/12~1/10
1/12
作文・面接
1/13 午後4時
明徳義塾高等学校(県内)
男女計 20名
12/1~1/9
1/12
作文・面接・調査書
1/13 郵送
清和女子高等学校(特推)
女子 10名
1/4~1/11
1/12
作文・面接
1/13 郵送
清和女子高等学校(推薦)
女子 10名
1/4~1/11
1/12
数国・面接
1/13 郵送
中央高等学校(看護特別)
 
男女計 150名(専願)
12/5~12/12
12/17
英数国・面接
12/18 郵送
中央高等学校(看護科)
男女計 5名(専願)
1/4~1/6
1/12
英数国・面接
1/13 郵送
中央高等学校(普通科)
スポーツコース80名・他70名
1/4~1/6
1/12
英数国・面接 (※)
1/13 郵送
高知工業高等専門学校
定員(160名)の80%程度
12/15~12/22
1/14
適性検査(英・数)・面接
1/20 正午

※中央高校普通科:スポーツコース・エンターテインメントコースは実技試験+親子面接

学校名
募集定員
出願期間
試験日
試験内容
発表
土佐高等学校
S・H 男女計 約50名
1/5~1/10
1/19・20
5教科・面接
1/21 午後4時
土佐塾高等学校
推薦・一般計 45名
1/4~1/16
1/20
英数国・面接
1/21 午後2時
学芸学校(専願)
専願・併願計 50名
1/6~1/18
1/20
英数国・面接・調査書
1/24 午後3時
学芸学校(併願)
専願・併願計 50名
1/6~1/18
1/20
5教科・面接
1/24 午後3時
土佐女子高等学校
女子 約25名
1/10~1/19
1/20
英数国・面接
1/21 午後1時半
高知高等学校
男女各コース計 約50名
12/12~1/17
1/19・20
5教科・面接
1/21 午後4時
明徳義塾高等学校
男女計 30名
1/5~1/18
1/20
英数国・面接・調査書
1/23 郵送
清和女子高等学校
女子 40名
1/13~1/19
1/20
英数国・面接
1/20 郵送
中央高等学校(普通科)
男女計 10名
1/13~1/17
1/20
英数国・面接
1/21 郵送
中央高等学校(看護科)
男女計 5名
1/13~1/17
1/20
英数国・面接
1/21 郵送

学校名
募集定員
出願期間
試験日
試験内容
発表
高知工業高等専門学校
男女計 160名(推薦含む)
1/31~2/7
2/19
5教科
2/24 正午
公立高等学校(A日程)
入学定員の100%
2/8~2/10
3/4・5
5教科・面接
3/14 午前9時
公立高等学校(B日程)
定員充足に必要な人数
3/16~3/17
3/22
5教科・面接
3/25 午前9時

※公立高等学校はA日程:2/15~2/17、B日程:3/19・3/20の期間に志願先変更が可能

平成29年度
公立高校入試

平成29年度入試概要

学習指導要領の改定により学習時間・内容共に増加した学年からの制度変更であるので、思考力・表現力を重視した内容になることは必定。受験期も3月となり、出題範囲も増加する。また、AB両日程とも5教科での実施となるため、日頃から5教科の学習をしっかり積み重ね、不得意科目を作らないことが肝要である。
また、筆記試験での得点がよくても、調査書の点数が足りなければ志望校合格を勝ち取ることは出来ない。定期考査の成績をしっかり高位置で保ち、日頃の学校生活にも注意して行動することで合格の可能性は高まるはずだ。

平成29年度入試日程
A日程 B日程
出願期間 2/8~10 3/16・17
変更期間 2/15~17 3/19・20
検査日 3/4・5 3/22
発表 3/14 午前9時 3/25 午前9時
検査内容 5教科(各50分)・面接 5教科(各30分)・面接
募集定員 入学定員の100% 定員充足に必要な人数

※詳しくは高知県教育委員会 高等学校課HPをご覧ください